Institutional customers

機関の担当者様へ

Springer Shopは、個人または機関のどちらが費用を負担するのかを選択できます。

企業または機関が費用を負担する場合

所属機関の代理で個人購入する場合、所属機関名が請求書に表示されますので、立て替え請求が可能になります。

Springer Shopは、購入手続き中の住所入力欄で"Corporate customer"を選択すると、機関名入りの注文明細を作成することができます。
EU加盟国から注文される場合、VAT IDがあれば、レジ処理時に入力が可能です。この場合、Springer ShopでVATが請求されることはありません。
米国から注文される場合、所属機関は非課税です。Springer Shopでは現在、課税控除番号の入力ができません。非課税機関の代理として購入される場合は、customerservice@springer.comまでご連絡ください。

日本から注文される場合、国税庁の「国境を越えた役務の提供に対する消費税課税の見直し」により、2015年10月1日から、Springer Shopで提供する電子出版物(電子ブック・電子ジャーナル等)のご購入は消費税課税対象となります。

詳細につきましては下記Q&Aをご参照ください。
国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税の見直し等に関するQ&A (国税庁)