ORCID普及に向けた新しい取り組み

シュプリンガー・ネイチャーで使われるORCID iDは50万以上

2017年4月28日、ハイデルベルグ | ロンドン

シュプリンガー・ネイチャーは本日、ORCIDの普及に向けた2つの取り組みを新たに発表しました。ORCIDは、永続的な固有の識別子(iD)を各研究者に割り当て、他の研究者と区別するシステムです。また各機関はORCIDによって研究者の所属と研究成果(出版物を含む)をiDとリンクできるため、各研究者の研究成果について正当なクレジットを確保することができます。

第一の取り組みとして、我々は、ネイチャー・リサーチ、シュプリンガー、バイオメド・セントラル、パルグレイヴ・マクミランなど、シュプリンガー・ネイチャーの46の学術誌で論文の責任著者に対し、試験的にORCID iDの提示を義務付けます。シュプリンガー・ネイチャーは長年にわたってORCIDをサポートしており、今回の試験的取り組みは、その中で最新のものです。これまでのサポートによって我々のポートフォリオでは、50万以上に上る識別子が使用されるに至っています(2017年1月現在)。

この試験的取り組みの実施期間は6カ月であり、終了後に研究者の意見に基づき検討します。 

シュプリンガー・ネイチャーのChief Publishing AdvisorであるAlison Mitchellは次のように述べています。「我々は、著者の皆様に発見を共有していただいて、成果に対する正当なクレジットを得ていただきたいと考えています。当社の数十万人の著者はORCIDを支持していて、ORCIDは当社の技術システムにすでに十分統合されていますが、今回の試験的な取り組みによってORCIDの普及がさらに進んで、より多くの研究者がORCIDに登録するようになり、研究成果が認知されるようになることを願っています。当社が2010年に立ち上げを支援したORCIDの発展を、大変誇りに思っています」。

ORCIDのExecutive DirectorであるLaurel L. Haakは次のように述べています。「シュプリンガー・ネイチャーは早い段階からORCIDを採用しており、ORCID iDの収集、さらには論文の投稿・制作過程を通したiDの使用についてのベストプラクティス事例を出版コミュニティーに対して示してきました。今回のシュプリンガー・ネイチャーの新たな取り組みは、ORCIDの導入を支持するという同社の長年の取り組み、さらにはユーザーエクスペリエンスの効率化のためには導入基準に従うという同社の昔からの姿勢を表しています」。

第二の取り組みとして、シュプリンガーは、会議録にORCID iDを取り入れます。これは、出版社として初の試みです。シュプリンガーの会議録投稿システム「オンライン・カンファレンス・サービス(OCS)」では、著者が各自のORCID iDを入力して認証することで、iDをワークフローの最初の段階から組み込むことができます。他のカンファレンス管理システムを使用している会議録の著者やエディターも、会議録上でエディター情報の隣にORCID iDが表示されます。この機能は近い将来、シュプリンガーの「Linked Open Data portal」でも使用できるようになります。
シュプリンガーは年間約1200の会議録を発行しており、これは全世界で発行される技術分野のかなりの割合を占めています。実際、計算機科学分野や工学分野では、学術ジャーナルにおける発表よりも、認知度の高いカンファレンスの会議録での発表が好まれることもしばしばです。 

Computer Science EditorialのVice President、Alfred Hofmann氏は次のように述べています。「Lecture Notes in Computer Science(LNCS)では、これまでに1万以上の会議録が発行され、著者は何万人にも上ります。ORCIDの導入は、会議録のメタデータを、より透明性の高い、よりオープンなものにするための新たな一歩となります。シュプリンガーは、Linked Open Data portalの開設やORCIDの導入を通じ、こうした取り組みを他社に先駆けてスタートさせました。我々の知る限り、シュプリンガーのOCSはORCIDを支援する初めてのカンファレンス投稿システムです」。

さらに本日、シュプリンガー・ネイチャーは大手出版社として初めて、ORCIDの統合・エンゲージメント・プログラム「Collect & Connect」から「Collect, Display and Connect」バッジを授与されました。「Collect & Connect」は、ORCIDの統合過程を効率化し、共通のユーザーエクスペリエンスを広げるために考案されたプログラムです。

シュプリンガー・ネイチャーは、ORCIDをワークフローの中に組み込むことで、著者やエディターがORCIDのあらゆる利点を享受できるようにしました。本人の申請内容が認証されたORCID iDはコンテンツ(論文のPDFなど)内、そして当社のさまざまなプラットフォーム上で表示され、また、当社のメタデータに加えられるため、より一層発見されやすくなります。これにより、ORCID iDを持つ著者は、Crossrefに登録された自身の出版業績をORCIDレコードに自動掲載することを許諾できるようになります。


シュプリンガー・ネイチャーは2015年11月、シュプリンガーおよびパルグレイブ・マクミランが出版する書籍や各章の全ての著者および編集者にORCID IDを表示できるようにすることを、出版社として初めて発表しました。 


編集の方々へ:

ORCIDの記載を試験的に義務付けているジャーナルは下記の通りです。

From Nature Research: Nature Astronomy; Nature Cell Biology; Nature Chemistry, Nature Climate Change; Nature Ecology & Evolution; Nature Genetics; Nature Human Behaviour; Nature Immunology; Nature Methods; Nature Microbiology; Nature Neuroscience; Nature Physics; Nature Plants; Nature Structural and Molecular Biology

From BioMed Central: BMC Evolutionary Biology; BMC Genetics; BMC Microbiology; BMC Neuroscience; BMC Veterinary Research; BMC Anesthesiology; BMC Cardiovascular Disorders; BMC Medical Genetics; BMC Medical Informatics and Decision Making; BMC Women’s Health

From Springer: Comparative Clinical Pathology; Journal of Cancer Research and Clinical Oncology; Lung; Medical Oncology; Clinical and Experimental Medicine; Archives of Gynecology and Obstetrics; European Archives of ORL; Neurosurgical Review; Clinical and translational Oncology; Neurological Sciences; Techniques in Coloproctology; Obesity Surgery; Journal of Molecular Neuroscience; Molecular Neurobiology; International Journal of System Assurance Engineering and Management; Environmental Chemistry Letters; Reviews in Environmental Science and Bio-Technology; Agroforestry Systems; European Journal of Forest Research 

From SpringerOpen: Rice


詳細は、次の担当者までお問い合わせください。
大場 郁子
シュプリンガー・ネイチャー

E:Ikuko.Oba@springernature.com


シュプリンガー・ネイチャーについて

シュプリンガー・ネイチャーは、発見の進展に貢献するために、信頼性が高く洞察に富む研究の出版を通して新領域の知識の成長を支えるとともに、アイデアや情報への世界からのアクセスを可能にします。

その実現に向けて、シュプリンガー・ネイチャーは研究コミュニティー全体に最良のサービスを提供することを目指します。著者が発見した知見を共有し、また他の研究者の研究成果を見つけ、アクセスし、理解できるようにすること、図書館員や研究機関をテクノロジーやデータのイノベーションを通して支援すること、高品質な出版サポートにより学会を支援すること、研究コミュニティーにとっての重要な課題に真摯に取り組むことなどがあります。
科学のために立ち上がり、オープンアクセスを推進し、研究の最高品質と倫理基準を強く提唱していきます。

学術出版社であるシュプリンガー・ネイチャーは、Springer、Nature Research、BioMed Central、Palgrave Macmillan、Scientific Americanといった信頼されたブランドを有しています。

当社サイト:www.springernature.com
ツイッター:@SpringerNature

※本プレスリリースの原本は英語であり、日本語は参考翻訳です。